お茶を飲水で給与して育てた日本で唯一のブランド

「TEA豚」のご紹介


静岡の空気と水とお茶が育てた「TEA豚」のご紹介

TEA豚ロゴ


普通の養豚場では、豚舎は閉め切った状態で豚を飼育します。
豚舎を閉め切ることで野生動物の侵入を防いだり、温度管理をしやすくなり、合理的に豚を飼養することができます。
北川牧場は、この近代的な養豚スタイルをとらずに、あえて豚舎の側壁を広く空けて風通しの良い豚舎作りをしています。
生産性を多少犠牲にしてでも「新鮮で清浄な空気の元でストレスなく豚を育てたい」それが北川牧場のポリシーです。
さらに、牧場では肥育豚の飲水に清水の静謐な岩清水を利用、清水の自然を最大限に利用して豚の管理を行っています。

豚舎内の豚の管理にもこだわりがあります。
豚舎の中で、豚が自由に運動できるように1頭/平方メートルの運動スペースを確保、運動不足から来る豚のストレスの発生を極力抑えています。
自然の中で自由に運動させて作り出した豚、それが北川牧場の「TEA豚」です。

豚居住スペース


静岡だから実現できた飲水でのお茶の給与

緑茶は、多くのビタミンを含むほか、カテキン等の健康成分を多く含みます。
静岡県では古くからお茶の生産と利用が盛んで、静岡県の健康寿命(介護が必要なく健康に過ごせる期間)が日本一であることもお茶の摂取量が多いことと関係があると考える研究者もいます。

養豚の世界でも、お茶の飼料化はさまざまな農場で行われてきましたが、そのほとんどは茶殻を飼料に添加する方法がとられています。
しかし、茶殻を飼料に添加する方法では牧場のすべての豚舎の豚に均等に給与することが難しく、飼料の加工にコストがかかってしまうことから、北川牧場では、天然水にお茶を抽出し、豚に飲水として給与する方法を考案しました。

茶葉は近隣のお茶農家から長期の在庫品となったものを購入、もともとは自らお茶を生産していた生産者だからこそ品質の良い茶葉を大量に利用することが可能となりました。
TEA豚は緑茶を有効に活用することで、他に類を見ない新しい豚肉に進化を続けていきます。

茶園


冷凍なし、北川牧場の「TEA豚」はすばやく出荷されます

北川牧場の豚は毎週木曜日に小笠食肉卸売市場に出荷され、精肉・熟成され、真空パックで、金曜日に冷蔵便で宅配されます。
出荷されてから購買者に届くまで、(肉屋などの)人の手を経ないため、衛生的かつ迅速な配達を可能にしました。
また、購買者が豚肉を利用するまでの間に、豚肉が冷凍されることがないため、肉汁(ドリップ)の流出が抑えられ、酸化による肉色の変化も最小限となります。

北川牧場は、豚肉については特に鮮度が重要だと考えています。
その為に、出荷までの手順を見直し、効率化を図ることで北川牧場は皆様に最短で豚肉をお届けすることを可能にしました。

真空パック


口コミのみで広がった「TEA豚」

北川牧場は数年前まで豚を育てて、出荷する普通の養豚場のひとつでした。
けれど、せっかく特徴のある豚肉を生産したのだから農場の豚肉で何か面白いことができないかと考えたのがブランド化のきっかけです。

そこで、何店舗か地元の飲食店をあたったところ、近所の蕎麦屋さんでためしに北川牧場の豚肉を取り扱ってもらうことになりました。
最初は蕎麦屋の主人も半信半疑でしたが、すぐに「蕎麦屋なのにトンカツがおいしい」というギャップが地元で有名になり、蕎麦屋さんとの取引量も増えることになりました。

その後、実際に北川牧場の豚肉を食べたイタリアンやフレンチ、和食のシェフから北川牧場の豚肉を使いたいと要望をいただき、着実に口コミだけで出荷を増やしてきました。

北川牧場の豚肉は、流通量は決して多くありません、食べられるレストランも限られます。
けれど、豚肉をつうじて地域に貢献すること、それが北川牧場が豚肉の直接販売にこだわる最大の理由です。


生産者だから見えた「TEA豚」の安全性

食品を扱う場合、もっとも大事な事は商品の安全性です。
当然、私たちが口にする豚肉についても食中毒、抗生物質残留、異物混入などさまざまな危険な因子が潜んでいます。
しかし、野菜などの農産物と比較して、畜産物の安全性は消費者にはわかりにくいものばかりです。
私たちが日頃口にする豚肉が、「誰によって」「どのように」「いつ」作られたものであるかは、消費者が容易に知ることができません。

北川牧場では豚の管理の方法をすべて文書化(マニュアル化)して、作業者が変わっても作業ミスが発生しないように万全の体制作りをしています。。
あわせて、豚舎への人の出入りから、餌の購入、体調が悪い豚の治療歴まで豚の管理に関係するすべての情報を記録することで仮に問題が生じた場合でも、即座に対応・改善ができるように対策を行っています。(トレーサビリティへの対応)

平成25年度には、北川牧場のこれら取組みについて、静岡県が実施する「しずおか農水産物安心認証制度」に基づき、公的機関の認証を取得、年に1回の監査を受けることで日々改善を図っています。

認証マーク

ページのトップへ戻る